心の病気を治すためには必要不可欠【うつ病チェックを利用】

家族の力が治療への第一歩

診察

無理強いは禁物

今や、うつ病は誰もがかかる身近な病気であるため、精神疾患に対する正しい知識を身に付け、適切な接し方ができるように準備しておく必要があります。特に、うつ病や依存症に関しては、病院のサイトで簡単に自己チェックできる方法もあるため、事前に知っておくと大変便利です。過度なストレスが引き金となって発症するうつ病は、自己認識が難しく、自分は大丈夫だと安易に判断して、治療がなかなか進まない難しい病気と言えます。そのため、家族や友人に何らかの異変を感じたら、病院のサイト等に掲載されている自己判断シートに従って、間接的にチェックすることも一つの方法です。例えば、「夜は熟睡できているか」や「急に怒ったり泣いたりしていないか」などは、日常の会話や様子を通じて周囲の人が判断することが可能です。もし、そこで病気の可能性があると感じたら、それとなく病院を紹介したり、一緒に診察を受けたりすることが大切です。この時大切なことは、嘘をついたり、強制的に無理やり病院へ連れていったりして、本人に不信感や恐怖感を与えないということです。うつ病患者へ無理強いすることは大変危険で、自殺や自傷行為にもつながりかねませんので、優しく上手く言い聞かせて病院へ連れていくことが大切です。そして、治療中は医師のアドバイスに従い、なるべくストレスを感じさせないような生活環境を整えてあげることが大切です。心療内科等でうつ病と診断されると、医師から抗うつ薬や精神安定剤などが処方され、適切な治療が施されます。自宅でうつ病の治療を続ける場合は、特に家族のサポート重要となり、薬の管理などチェックしておく必要があります。特に大切なことは、患者が定期的に診察を受けて、医師に言われたように薬を正しく服用しているかをチェックしておくということです。うつ病患者の中には、「もう治ったから病院へ行かなくてもいいだろう」や「症状が治まったから薬を飲まなくてもいいだろう」と考える人もいます。しかし、うつ病は完治するまでに時間がかかり、治ったと感じていても何かのきっかけで再発することの多い病気と言われています。再発を防ぐためにも、定期的に診察を受けて症状を診てもらい、医師の処方に従って正しく薬を飲むことが大切です。また、「苦しいから」や「早く治りたい」からと、過剰に薬を服用することは、副作用の恐れがあり、大変危険なため絶対にしてはいけません。家族は薬の管理をサポートしたり一緒に通院したりするなどして、患者が適切な治療を続けているかを陰でチェックすることが大切です。そして、けして治療を急かすことなく、患者の苦しみに寄り添い、最大の理解者となって日常生活をサポートしていくことが求められます。もし、薬を正しく服用していないなどの症状がある場合は、強く問いただすようなことはせず、直接医師に相談してアドバイスを仰ぐことも大切です。

Copyright© 2018 心の病気を治すためには必要不可欠【うつ病チェックを利用】 All Rights Reserved.