心の病気を治すためには必要不可欠【うつ病チェックを利用】

心の病はひとつではない

看護師

症状を見極める

うつ病は気分が優れない状態が続き、何事にも意欲がわかないという心の病です。ただの落ち込みとは違って、脳内の働きに問題が起きていると考えられますが、決して珍しい病気ではなく、日本人の15人に1人がかかるとも言われています。しかし他にもうつ病に似た病気があるため、治療を受ける前にしっかりとしたチェックが必要になります。近年増えていると言われるのが、非定形(現代型)うつ病と呼ばれる症状です。通常のうつ病は常に気分が落ち込んでいて、食欲不振や不眠が続くという特徴があります。励ますのは逆効果になるため、とにかく優しく接するのが基本です。これに対して現代型は、良いことがあると気分が明るくなったり意欲が湧いたりし、過食気味になったりよく眠れたりする場合もあります。そのため診断が難しく、怠けているように見られるケースが少なくありません。こちらの場合は適度に励ますことも治療につながります。うつ病に似た病気としては、他にも双極性障害や社会不安障害・パニック障害などがあります。双極性障害は躁状態とうつ状態を交互に繰り返すもの、社会不安障害は強い対人恐怖を感じるものです。それぞれ治療法が異なるので、まず心療内科や精神科でチェックを受けてください。うつ病は必ずしも明確な症状が現れるとは限りません。たとえば本人は意識していなくても、食欲不振が続いて体重が減っていくことがあります。強い肩こりや倦怠感となって現れる場合もありますし、夜中に目が覚めて眠れないといった症状を訴えるケースもあります。一般の内科で診察を受けても、どこといって悪いところが発見できなければ、うつ病を疑ってみる必要があります。特に仕事が立て込んで緊張と疲労が溜まっているときや、対人関係でイライラが続いているときは要注意です。精神科や心療内科で行うチェックは、不調の原因を把握し治療方針を立てる上で役立ちます。こうした検査はチェックシートの形になっていて、事業所でも実施できますし、個人でも試してみることができます。事業者は精神衛生も含めて、従業員の健康に責任を持つ必要があります。必要に応じてうつ病チェックを実施することは、過労や人事関係のトラブルを未然に防ぎ、職場環境を健全に保つためにも効果的です。もちろん自分が体調不良を感じたとき、普段の生活を振り返ってみる意味でも、うつ病チェックを利用できます。そして万が一疑わしい結果が出たなら、専門のクリニックで詳しい診断を受けることをお勧めします。

男性

早い内に異常を察知

寛解にはおよそ1年〜3年ほどかかると言われているうつ病ですが、診察の費用はそれほど高くありません。1回につき500円〜2000円程度で、チェックや薬の費用によって追加費用が発生し、おおよそ1000円〜5000円前後になるといえるでしょう。

詳しく見る

医者

生活習慣の変化に注目

医療系の専門サイトではうつ病チェックを受けることができ、早期発見に役立つと評判です。正確な結果を出すためにも、質問には正直に答える必要があります。責任感が強くて努力家の人がうつ病になりやすいため、周囲の人が協力することが重要です。

詳しく見る

女性

症状に早めに気付く方法

うつ病は誰しもが発症する可能性がある病気です。早期発見治療が重要なので、心療内科やカウンセラーを受診し、うつ病のチェックを行う必要があります。十分な安静や加療が受けられる様に学校や会社に報告し、必要であれば保険会社に連絡すると良いです。

詳しく見る

診察

家族の力が治療への第一歩

うつ病は家族の温かいサポートが重要となってくる病気で、治療のために周囲の正しい理解が必要不可欠と言えます。また、抗うつ薬などを正しく飲んでいるかや定期的に通院しているかなどを陰ながらチェックし、必要ならば直接医師に相談することも大切です。

詳しく見る

Copyright© 2018 心の病気を治すためには必要不可欠【うつ病チェックを利用】 All Rights Reserved.